2017年9月17日 この4年間の安曇野市議会議員の発言状況


 安曇野市を考える市民ネットワーク(市民ネット)は、現在の安曇野市議会議員が任期中の市議会でどれだけ発言してきたかを議事録で調べ、回数を集計しました。次の表の通りす。

 議員の発言調査は前回選挙の前の2013年8月に、それまでの4年間について行ったものを公表しているので、そちらもご覧ください。


http://azsnet.exblog.jp/20768962/


c0234241_18523564.jpg

議長は議事進行のため通例として一般質問、質疑、討論は行わないため、ポイントは低くなっている。採決にも加わらない。



【解 説】
 市民ネットは発言状況調査の一環として、5年前から議会傍聴活動「見てみよう安曇野市議会」を行っている。
 議員を正当かつ適確に評価するための指標をどうするのか、これが最も難しい問題であった。どれだけ市民の立場に立って発言しているのか、また、その発言を政策実現へ結びつけるための行動をしているか等々指標があったとしても、その評価はやはり簡単ではない。そこで、まずは発言の回数に着目して調査してみることになった。

 議会はウィークデイの日中開会なので、仕事のある現役勤務者や子育て中の女性などは参加しにくい。傍聴は会社OBなど自由時間を持つ世代の小人数に限られたが、委員会や全員協議会なども含め、断続的にではあるが継続してきた。

 

  議会を注視している市民がいることは、議員の意識に少なからぬ影響を与えたようだ。4年前の集計結果の公表によって、それまで発言の少なかった経験が浅い議員が積極的に手を挙げているのが目を引いた。一方、定数が28人から25人へ減ったにもかかわらず、本会議質疑に熱心でない議員(0回~5回)が11人から16人へと増加しているのが気になる。

 また、議会の論戦内容が充実していたかというと、残念ながら首をかしげざるを得ない。本会議討論が増えていることについても、「○○委員会での審査は全員賛成です。委員会の審査を尊重し賛成します」のように内容に乏しく、議会が行政のチェック機能をどれだけ果たしているか首を傾げざるをえないようなものが多かった。

 市長をはじめとする行政に対決し、税金の遣い方や財政をただしてきたかといえば、ごく少数の議員を除き、現市長の与党的立場に回った議員の方が多数だ。「安曇野市議会基本条例」前文には「議会と市長が対等な立場で相互の緊張関係を保ちながら市政運営を行う」とあるが、市長と対等にやりあう議員は、まだ限られた議員である。

一般質問とは

一般質問とは、その自治体の一般事務について、執行機関に疑問点をただし、所信の表明を求めるものです。一般質問では議員が自ら取り組みたい課題をテーマとして取り上げ、自身の意見を述べるとともに執行部の意思を問いただすことから、議員の政治姿勢があらわれやすくなります。

質疑とは

質疑とは、議案等について質問することなのですが、討論、採決の前に賛否又は修正等の態度決定が可能となるよう、疑問点をただす、不明確な点を明らかにすることをいいます。(本会議で行われるものを本会議質疑とした)

討論とは

議会の会議において、採決の前に議題となっている案件について、賛成か反対かの意見を表明することをいいます。自己の意見に反対の議員や、賛否の意思を決めかねている議員に対し、自己の意見に賛同するよう説得する意味合いもあります。(本会議で行われるものを本会議討論とした)




by azumino_snet | 2017-09-17 01:35 | 見てみよう安曇野市議会


2015年9月18日 宮下議長... >>